火災から3年 ノートルダム大聖堂の一般開放の再開時期が発表

© Sputnik / Dominique Boutin / フォトバンクに移行燃焼したパリのノートルダム大聖堂
燃焼したパリのノートルダム大聖堂 - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2022
ノートルダム大聖堂は、2024年に礼拝と見学の再開が予定されている。28日、フランスのリマ・アブドゥル・マラク文化相が明らかにした。
同相は、「計画され、予定されたスケジュールに従って、作業は速いペースで進んでいる。2024年には修復工事の多くが完了し、大聖堂が礼拝のため、そして市民のために公開されると確信している」と語った。
火災の被害を受けたノートルダム大聖堂の強化と安全確保の作業は2021年秋に完了し、今年の冬に修復作業が開始された。
マニラ大聖堂 - Sputnik 日本, 1920, 08.06.2022
フィリピン・カトリック教会 アジア初となる悪魔祓いセンターの建設着手

ノートルダム大聖堂の火災

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で史上最悪の火災が発生した。大聖堂の尖塔が崩壊し、建物の枠全体が炎に包まれた。この火災で、樹齢100年の樫の木の梁からなる独特の屋根組みが焼失した。この梁はそれぞれが一本の木の幹からできていた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала