インド 日本脳炎で40人以上が死亡

CC0 / Pixabay / インド 日本脳炎で40人以上が死亡
インド 日本脳炎で40人以上が死亡 - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2022
インドのアッサム州北東部では、少なくとも44人が日本脳炎で死亡した。ANI通信が27日、同地域の医療関係者を引用し伝えた。
報道によると、アッサム州では1日に3人が日本脳炎で死亡した。さらに、新規感染8人が確認された。脳炎は、そのキャリアである蚊の繁殖によって広がる。7月、アッサム州では大雨による大洪水が発生し、それにより脳炎感染の拡大が始まった。
2015年から2021年の間に、アッサム州で660人が脳炎の犠牲者となった。
インド・アッサム州ソルマラ市 - Sputnik 日本, 1920, 04.07.2022
インド東北アッサム 水害で179人死亡
神経系の大部分の障害を伴うこの病気は、日本や中国、インドを含む多くのアジア諸国でみられる。発熱、頭痛、嘔吐、言語障害などの症状がある。感染を予防するために予防接種を行う必要がある。日本では1924年、7000人がこのウイルスに感染し、そのうち80%が死亡した。
関連ニュース
米国で新型コロナの新たな波、マスク体制が復活
インドネシアでアイスを食べた子どもが顔に火傷を負う
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала