ロシアは独自のステーションができるまでISSに残る=NASA

© Sputnik / Sergey Mamontov / フォトバンクに移行NASA
NASA - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2022
ロシアは、少なくとも独自の軌道サービス・ステーションができるまでは国際宇宙ステーション(ISS)に残る意向を表した。有人宇宙飛行部門の責任者キャシー・リーダース氏が伝えた。
リーダース氏によると、現時点で「運営側は、いかなる作業レベルにおいても、何らかの変化に関する兆候を受け取っていない」という。
これより前、ロシアは2024年以降、国際宇宙ステーションプロジェクトを脱退し、独自の軌道ステーションを建設すると宣言していた。
ISSロシアセグメント飛行責任者のウラジーミル・ソロビヨフ氏は25日、ルースキー・コスモス誌のインタビューで、独自の高緯度ロシア軌道サービス・ステーションの建設は2028年に始まる可能性があると述べた。
関連記事
中国人軍事評論家ら ロシアの国際宇宙ステーション脱退の責任は米国にある
日本はISSをめぐる情勢を注視していく=木原官房副長官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала