露中との対話の道を閉ざせば、世界は核戦争の危機に=英ガーディアン紙

© Depositphotos / Curraheeshutter露中との対話の道を閉ざせば、世界は核戦争の危機に=英ガーディアン紙
露中との対話の道を閉ざせば、世界は核戦争の危機に=英ガーディアン紙 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
英国家安全保障会議の顧問のスティーブン・ラブグローブ氏は、ロシアと中国との対話の道を閉ざせば世界が核戦争の危機にさらされると指摘した。27日付の英紙「ガーディアン」が伝えている。
ガーディアン紙によると、米ワシントンDCの戦略国際研究センターで開かれた講演でラブグローブ氏は、中国やロシアとの関係悪化は「戦略紛争(核紛争)の急速なエスカレーション」のリスクを大きくしたと指摘した。
ラブグローブ氏によると、冷静時代の2陣営・ソ連とNATOは「ドクトリンの共通の理解」に達することができたといい、対話や交渉によって両陣営はお互いのドクトリンや能力を知ることで利益を得てきた。こうした対話によって双方がより信頼を高め、核戦争へと道を誤らないようにしてきたのだ。
米中首脳が2時間以上の電話会談 台湾緊迫のなか - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
米中首脳が2時間以上の電話会談 台湾緊迫のなか
だが、今はそうしたドクトリンはモスクワにあるのか、北京にあるのか不透明だと指摘。「特に中国との信頼醸成のための下地がない」とも述べ、不測の事態を避けるための対話の重要性を訴えた。
これまでに、米ニューヨーク市の緊急管理局が、核攻撃が行われた場合のガイドラインを紹介する動画を公開したと報じられていた。
関連ニュース
北朝鮮はいつでも核抑止力を発動可能=金総書記
岸田首相、NPT会議で演説 核管理「透明性の強化」訴える
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала