露外務省、西側のメディアがゼレンスキー大統領夫人を「アピールする」理由について語る

© AP Photo / Sergei Gritsゼレンスキー大統領夫人
ゼレンスキー大統領夫人 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ報道官は、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキーは西側にもうんざりされており、すでに万策尽きてきたため、今度はオレナ夫人の「宣伝」を始めたとの確信を示している。
最近、西側のメディアはオレナ大統領夫人の「PR」を始めている。最近、オレナ夫人は米国を訪問し、米議会で演説した。またオレナ夫人は、西側のファッション雑誌の表紙を飾るための撮影にも応じた。またゼレンスキー大統領は最近、インタビューに夫人を伴うようになっている。
ザハロワ報道官はその理由について、ゼレンスキー大統領はすでに皆に飽きられ、世界の人々がすでに大統領に目を向けなくなったからだと述べている。
日本の天皇陛下への敬意が足りない ネットユーザーがウクライナ大統領夫人を非難 - Sputnik 日本, 1920, 23.10.2019
日本の天皇陛下への敬意が足りない ネットユーザーがウクライナ大統領夫人を非難【写真】
ゼレンスキー大統領のイメージを変えることはもはやできない。なぜなら、「勝利を手にできない」軍人のイメージを変えることはできないからである。
「かといって、新たなコミュニケーションの形を考え出すこともできなかった。つまり、ゼレンスキー大統領は万策尽き、そのイメージが絶望的に損なわれてしまったため、何らかの追加的な『調味料』がなければ、大統領を『テーブルに出す』ことはできなくなったのである。そこで、政治メニューには『ゼレンスキーのオレナソースがけ』が登場したのである」
最近、同じように周囲からの関心を失っているのがEU(欧州連合)のジョセップ・ボレル外交安全保障上級代表である。
ボレル上級代表は、西側のメディアはときおり彼の声明を報道せず、ロシアのラブロフ外相の発言ばかり取り上げていると不満を露にしている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала