新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

地球最古の捕食動物の化石が見つかる 英国

© 写真 : Simon Harris, Rhian Kendall地球最古の捕食動物「Auroralumina attenboroughii」
地球最古の捕食動物「Auroralumina attenboroughii」 - Sputnik 日本, 1920, 30.07.2022
英国で、地球最古の捕食動物の化石が発見された。この発見についてまとめた論文が、学術誌「ネイチャー」に掲載されている。
英国中部レスターシャーで発見されたのは、地球最古の捕食動物「オーロラルミナ・アッテンボロキ(Auroralumina attenboroughii)」の化石。英ケンブリッジ大学の研究者らによると、この化石は5億6000万年前のものだという。これは、「オーロラルミナ・アッテンボロキ」が、動物が爆発的に数や種類を増やした「カンブリア紀の大爆発」の直前のエディアカラ紀(約6億2000万年〜約5億4200万年)に生息していたことを示している。
この動物の上部は触手で、下部は細長い幹のような見た目で、英オックスフォード大学のフランキー・ダン博士は、この動物のことを「オリンピックの聖火のようだ」と形容している。
ゴルゴサウルスの化石 - Sputnik 日本, 1920, 24.07.2022
オークションで恐竜の化石が出品 米ニューヨーク
研究者らによると、この動物はクラゲの祖先。かつては海底に付着していたが、進化のある時点で触手部分が分離して、海の中で自由に移動するようになったという。また、今回の発見により、この化石は、これまで考えられていたよりも約2000万年前早く出現した最古の捕食者だとみられている。
関連ニュース
中国 新疆で800万年前の「小さな馬」の化石が見つかる
先史時代の巨大な捕食動物は第三の眼を持っていた
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала