南クリルでの演習に日本が抗議 露外務省ザハロワ報道官が皮肉のコメント

© Ministry of Foreign Affairs of Russia / フォトバンクに移行露外務省ザハロワ報道官
露外務省ザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 30.07.2022
日本政府がロシアに対してクリル諸島南部での演習実施を断念するよう要求したことについて、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、日本政府は太陽が西から昇ることを要求しているのと同じだと述べた。
日本の磯崎官房副長官は28日、日本政府は外交ルートを通じて、クリル諸島南部(日本側の定義では「北方領土」)を今度の演習から除外するよう「強く求めた」と明らかにした
ザハロワ氏は、ロシア外務省のウェブサイトで「磯崎氏は、太陽が東からではなく西から昇ると主張したようなものだ。ちなみに、米国やその他の『西側陣営』の国々との連帯への悪名高い固執から判断して、彼が代表する岸田文雄政権が本当にこれを望んでいる可能性はゼロではない」とコメントしている。
駐日ロシア大使のミハイル・ガルージン氏 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
南クリルの演習、「日本の抗議は無意味」=駐日ロシア大使
また、ザハロワ氏は日本側の抗議そのものが不適切であるとした。
ザハロワ氏は、「南クリル諸島はロシア連邦固有の領土の一部であり、その主権は第二次世界大戦の結果に基づき、合法的に我が国に属しており、疑問の余地はないという共通の真実を我々はもう一度思い出さざるを得ない」と締めくくった。
ロシア国防省は26日、大規模軍事演習「ボストーク2022」が8月30日から9月5日まで行われると発表した。
関連ニュース
地対空ミサイルシステム「S-300 V4」 クリル諸島での演習で敵の襲撃を撃退
日本はクリル諸島に関する報復主義的な意図を積極化している=パトルシェフ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала