米ニューヨーク州知事、サル痘感染拡大により緊急事態を宣言

© Sputnik / Ekaterina Chesnokova / フォトバンクに移行ニューヨーク
ニューヨーク - Sputnik 日本, 1920, 30.07.2022
米ニューヨーク州のキャシー・ホークル知事は現地時間29日、サル痘の感染者増加を受け、緊急事態宣言を発表した。
ニューヨーク州当局は、28日にもサル痘の感染数増加により「公衆衛生上の差し迫った脅威」を宣言したと報じられた。
ホークル知事は、自身のツイッターにて「サル痘の感染対策に対する継続的な取り組みを強化するため、州に緊急体制を宣言する」と発表。「この行政命令は、我々がより迅速に対応することを可能にし、医療従事者に対しては、より多くのニューヨーカーにワクチンを接種するための追加措置を採択する機会を与える」と記した。
同知事は「米国内のサル痘感染者の約4人に1人はニューヨーク州で確認されている」と付け加えた。
サル痘感染が拡大 98.8%が男性=WHO - Sputnik 日本, 1920, 24.07.2022
サル痘感染が拡大 98.8%が男性=WHO
米疾病対策センター(CDC)の最新データによると、米国内で確認されたサル痘感染者は5189人で、そのうち1345人がニューヨーク在住。
WHO(世界保健機構)のテドロス事務局長は先週、サル痘を「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と認めている。
関連ニュース
日本政府 サル痘 全ての国地域対象に「感染症危険情報」レベル1に
サル痘に有効な薬が見つかる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала