カムチャッカ沿岸 2時間で5回の地震

© Sputnik / Valeriy Melnikov / フォトバンクに移行カムチャッカ半島の最大都市・ペトロパヴロフスク・カムチャツキー
カムチャッカ半島の最大都市・ペトロパヴロフスク・カムチャツキー - Sputnik 日本, 1920, 31.07.2022
31日午前、太平洋カムチャッカ東部沖を震源地とする5回の地震が観測された。地震の詳細はロシア科学アカデミー統合地球物理学局カムチャッカ支部の公式サイトに掲載されている。
ロシア科学アカデミーによると、「一連の地震の中で最も揺れが大きかったのは現地時間10時13分(日本時間7時13分)のもので、マグニチュード4.4。震源地はペトロパブロフスク・カムチャツキーから南東255キロ地点だった」と伝えた。
その地震の前、ほぼ同じ場所で2時間にわたりマグニチュード3.9から4.0の地震が4つ記録されている。
大西洋の海底に奇妙な穴の列 研究者らが発見 - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2022
IT・科学
大西洋の海底に奇妙な穴の列 研究者らが発見
ロシア非常事態省カムチャッカ地方担当局によると、これら地震は居住地区では感じられなかったという。
同局は「被害者や崩壊の情報はない。津波の恐れもない」としている。
関連ニュース
フィリピン北部の地震で死者10人に拡大、31万人以上に影響
北海道 巨大地震発生での被害を予想 速やかな避難など減災目標を設定へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала