新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

水を数滴垂らせば電流が発生 スイスの研究者 紙電池を開発

CC BY 4.0 / Alexandre Poulin/Xavier Aeby/Gustav Nyström / (cropped image)水を数滴垂らせば電流が発生 スイスの研究者 紙電池を開発
水を数滴垂らせば電流が発生 スイスの研究者 紙電池を開発 - Sputnik 日本, 1920, 02.08.2022
使い捨てが可能な紙電池のプロトタイプが、スイスの研究者らによって開発された。この研究をまとめた論文が、学術誌「ネイチャー」に掲載されている。
この電池の開発を行ったスイス連邦材料試験研究所のグスタフ・ニューストレン氏によると、現在、低コストでの製造が可能で、安全に使用でき、低毒性の使い捨て電池の需要が高まっている。この紙電池は、そういった条件をみたすものだという。
この電池に使用するものは紙とインク。紙の片面には正極として働くグラファイトが含まれたインクが塗られている。その裏面には負極として働く亜鉛の粉末を含むインクが塗布されている。そして紙には塩化ナトリウムが含まれており、ここに水を数滴垂らすことで電流が発生する。
実験では、紙電池を20秒以内に活性化させるのに、たった2滴の水が必要だったという。この際、電池の電圧は1.2ボルトで、電力を1時間供給した。紙が乾燥するにつれて電圧は低下していったが、さらに水を数滴加えると、0.5ボルトで約1時間電力を供給した。
「エコバド」と名付けられたアボカドの代替品 - Sputnik 日本, 1920, 07.07.2022
アボカド? エコバド! 英国でアボカドに代わる環境に優しい代替品が開発
研究者らによると、この紙電池は水を加えれば何度でも活性化する点が長所であり、乾燥した状態であれば、長い寿命を持つ可能性があるという。
関連ニュース
水資源不足に悩むシンガポール 尿を再利用したビールが登場
花粉から「再利用可能な」紙を開発 シンガポールの研究者が発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала