ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国は武器提供だけでなくウクライナで砲手の機能も果たしている=ザハロワ露外務省報道官

© Ministry of Foreign Affairs of Russia / フォトバンクに移行ロシア外務省のザハロワ報道官
ロシア外務省のザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 02.08.2022
米国によるウクライナへの武器供給には使い方の指導が伴うだけでなく、米国は砲手の役割と機能も果たしている。ロシア外務省のザハロワ報道官が2日、デイリー・テレグラフ紙によるウクライナ国防省諜報総局のワジム・スキビツキー報道官のインタビューについて、コメントした。
同紙のインタビューでスキビツキー氏は「英国と米国はウクライナに軍事諜報用のあらゆる機器と情報を提供し、さらにリアルタイムで分単位のあらゆる情報を提供している」と公言した。高機動ロケット砲「ハイマース(HIMARS)」がどれだけ正確にロシア施設を狙えるかとの質問に答えたもの。同氏はまた、米国高官は標的に関する直接的な情報は提供しないが「ロケット発射前に両国の諜報協議レベルは存在する」と補足した。
ザハロワ報道官は「ウクライナ領内の戦闘行為への米国の直接的関与に関し、これ以上の説明は必要ともされない」と強調。
ザハロワ氏は、この場合、ウクライナ軍は米国兵器の運用者とも言えない、ウクライナ軍は運用者の助手である、とした。
関連ニュース
ロシア軍将校、防空軍はいかにハイマースの迎撃方法を習得したかについて語る
ウクライナ軍中隊長、「宇軍は退却の際に米製の榴弾砲を発射している」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала