日本の食糧自給率 依然として38%の低水準

© 写真 : Yuri Ueno田圃
田圃 - Sputnik 日本, 1920, 05.08.2022
日本の農林水産省によると、2021年度の食料自給率は、カロリー基準で38%と、過去最低の前年を1ポイント上回る低水準にとどまった。NHKが報じた。
食糧自給率とは、国内で消費された食料のうち、国産で賄われた分を示したもの。品目別にみると、米98%、野菜75%、小麦17%、畜産物16%、油脂類が3%。
生産額を基準とした食料自給率は、前年比で4ポイント下がった63%となり、過去最低を記録した。
英国民 - Sputnik 日本, 1920, 21.07.2022
食品の高騰で200万の英国人が1日わずか1食
日本政府は食料自給率の目標を2030年までにカロリー基準で45%と設定しているが、達成の見通しは立っていない。
日本の内閣府は5日、温室効果ガスの排出など、環境への負荷を踏まえた経済の成長率を示す新たな指標「グリーンGDP」を初めて公表した。
関連ニュース
日本政府 物価高騰対策で予備費2571億円支出決定
日本 6月の消費者物価 約7年ぶりの伸び率
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала