ASEAN 情勢改善までミャンマーの参加を拒否

© Sputnik / Mikhail Tsyganov東南アジア諸国連合(ASEAN)
東南アジア諸国連合(ASEAN) - Sputnik 日本, 1920, 06.08.2022
東南アジア諸国連合(ASEAN)は、軍事政権のクーデター後に政情不安定な状態が続くミャンマーについて、2021年4月に定められた平和と安定に関する取り決めを履行し、情勢が改善するまで参加を拒否すると決定した。カンボジアのプノンペンで開かれているASEAN外相会談で、議長国である同国のソクホン外相が明らかにした。

「ミャンマーがASEANとの間に結んだ国内の安定に関する5条項から成るコンセンサスを履行するまで、ミャンマーの代表団を外相会談の場に招待しない」

ソクホン外相はこのように述べ、事態の明白な改善がみられた場合のみミャンマー代表団の再参加を認めるとした。
ミャンマーの通信タワー - Sputnik 日本, 1920, 03.08.2022
久保田徹さん、ミャンマーで裁判へ 抗議デモ参加者とのつながり認める
ミャンマーでは昨年2月に国軍によるクーデターが発生。非暴力民主化運動の旗手として知られ、クーデター前の国民民主連盟(NLD)政権の実質的な指導者だったアウンサンスーチー氏は拘束された。7月にはアウンサンスーチー氏の側近を含む民主活動家4人が処刑されるなど、軍事政権による弾圧が続いている。
30日には最大都市ヤンゴンで、反政府デモの現場で日本人男性が拘束されたと報じられていた。
関連ニュース
ミャンマーのタイ国境付近で戦闘激化
「ミャンマーはロシアの『善良で友好的な』パートナー」=ラブロフ外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала