- Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
7月8日午前11時半ごろ、奈良県奈良市の近鉄大和西大寺駅近くで演説を行っていた安倍晋三元首相(67)が男に銃で撃たれ、血を流して倒れた。

旧統一教会の名称変更「当時の下村大臣の意思」= 元文部科学事務次官

© AP Photo / Shizuo Kambayashi旧統一教会の名称変更「当時の下村大臣の意思」= 元文部科学事務次官
旧統一教会の名称変更「当時の下村大臣の意思」= 元文部科学事務次官 - Sputnik 日本, 1920, 07.08.2022
旧統一教会の名称変更が行われた経緯をめぐり、立憲民主党や共産党などが合同でヒアリングを行った。旧統一教会から相談が寄せられた時に担当課長を務めていた前川喜平元文部科学事務次官は名称変更に反対したにもかかわらず認証されたと説明した上で「当時の下村文部科学大臣の意思が働いていたことは間違いない」と発言した。NHKが報じた。
文化庁が2015年、旧統一教会から「世界平和統一家庭連合」への名称変更を認証した経緯をめぐり立憲民主党や共産党、れいわ新選組などは5日午後、国会内で会合を開き、前川喜平・元文部科学事務次官からヒアリングを行った。
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 06.08.2022
日本の政治家と旧統一教会のつながり
岸田首相、内閣改造実施を改めて表明 閣僚の起用には旧統一教会との関係を配慮
2015年に前川氏は文部科学審議官を務めていた際、当時の宗務課長から教会側が申請した名称変更を認めることにしたと説明を受け、認証すべきでないという考えを伝えたと明らかにした。この時の経緯について前川氏は「『認証できないから申請を受理しない』という方針を一転し、受理して認証したので、前例を踏襲する役所の仕事からすると、何らか外部からの力が働いたとしか考えられない」と指摘、また「そのときの宗務課長の困ったような顔を覚えている。私のノーよりも上回るイエスという判断ができるのは誰かと考えると、私の上には事務次官と大臣しかいなかった。何らかの政治的な力が働いていたとしか考えられない」と述べた。
当時、文部科学大臣を務めていた自民党の下村前政務調査会長が担当者から報告を受けたものの、判断には関与していないと説明していることについて「下村大臣まで話が上がっていたのは、判断や指示を仰いだことと同義だ。『イエス』か『ノー』か、どちらか言ったはずで、結果を見れば『イエス』と言っているはずだ。下村氏の意思が働いていたことは100%間違いないと思っている」とも述べた。
関連ニュース
岸防衛大臣 旧統一教会との関係「しっかり見直す」
自民・下村氏「責任感じる」 旧統一教会の名称変更巡り
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала