米研究機関などが中国の台湾「侵攻」についてシュミレーション

© AFP 2022 / Hector Retamal中国の軍事演習
中国の軍事演習 - Sputnik 日本, 1920, 09.08.2022
米国防総省の元高官や米シンクタンクの戦略国際問題研究所の職員らが、中国の台湾「侵攻」を想定したシュミレーションを行い、その中で、中国政府は日米の艦隊の大半を撃沈できるとの結論に至った。ブルームバーグが報じた。
報道によると、専門家らは、台湾は「侵攻」を跳ね返すことができると見ているが、それにより太平洋上の米軍は甚大な出費が必要になるという。
米国政府の元分析官であるマーク・カンシアン氏は、シュミレーションの結果について、「22ラウンドある展開のうち18ラウンドで(略)、中国のミサイルは、米国と日本の艦隊のかなりの部分を沈没し、何百もの航空機を撃墜した」とコメントした。
中国軍 - Sputnik 日本, 1920, 09.08.2022
中国軍は中国と台湾の統一成就まで軍事演習を止めない グローバルタイムズ
同専門家によると、米国は「4週間の戦闘」の最後の場面で、900機の戦闘機および攻撃機を失った。この数は海軍と空軍の軍備の半分に相当する。「戦闘」が始まった数日で、中国は同じく台湾の海軍と空軍の軍備の半分を「撃破」している。しかし、同氏は、「反撃」の過程で、米国と台湾は約 150 隻の中国艦船を「撃沈」することに成功したと述べている。
シュミレーションでは、日本政府が国内の米軍基地の使用権拡大を米国に提起することを想定しているが、核兵器の使用は予定されなかった。
このシュミレーションは9月一杯続けられ、結果は12月に公表される。
台湾周辺での実弾射撃を伴う中国軍の大規模演習は、ペロシ米下院議長の台湾訪問に対する中国の公式的な対応となった。
関連ニュース
中国、台湾周辺演習で複数部隊の統率力を発揮=WSJ
台湾首相 中国に軍事力で遊ぶことをやめるように求める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала