「トンネルの終わりの光」発言 セリーナ・ウィリアムズは引退間近か?

© Photo : EPAセリーナ・ウィリアムズ
セリーナ・ウィリアムズ - Sputnik 日本, 1920, 09.08.2022
グランドスラム23勝の女子テニスの王者、米国のセリーナ・ウィリアムズ選手(40)はユーロスポーツからのインタビューに大使、永遠にプレーすることは不可能であり、すでに「自由の光に近づいている」と語った。
ウィリアムズ選手は、8月8日にトロントで開催のナショナル・バンクオープンでスペインのヌリア・パリサス=ディアス選手を破り、14カ月ぶりの勝利を手にした。ウィリアムズ選手は昨2021年の夏から活動を休止し、ウィンブルドンで復帰したものの、すぐに負けを期していた。
「これはトンネルの終わりに見える光だと思う。光に近づいているのかは私にはわからない。ここ数か月の私にとってはそうだ。この光にたどりつく時を待ち望んでいる」
光が何を指しているのか、という問いにウィリアムズ選手は「自由」と答えた。
サッカーのメッシ選手 - Sputnik 日本, 1920, 08.08.2022
サッカーのメッシ選手、2023年にもバルセロナ復帰か
セリーナ・ウィリアムズ選手はテニスを愛しているものの、「永遠にプレイ」はできないと言い足した。「だから、その瞬間をエンジョイし、出来る全てを見せるために、出せる限りの力を出さねばならない時もある」
セリーナ・ウィリアムズ選手は女子テニス協会(WTA)で73のタイトルを勝ち取り、319週の世界案く1位保持期間を持つ。
全豪オープン、ウインブルドンでそれぞれ7勝、全仏オープン3勝、全米オープン6勝のほか、五輪でもシングルで金、ダブルスでは3冠のタイトルを持っている。
関連ニュース
米女子バスケ選手に有罪判決 麻薬密輸で
フィギュアのワリエワ選手のドーピング疑惑 RUSADAが「調査は最終段階」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала