欧州 9月にロシアから「致命的な打撃」を受ける恐れ

© Sputnik / Alex MacNaughton欧州連合の旗
欧州連合の旗 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
欧州連合(EU)は、ロシアが9月2日に天然ガスパイプライン「ノードストリーム」の稼働を停止することについて懸念を示している。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。
同紙は、「ロシアが致命的な打撃を与える可能性があるため、EUでは混乱が起きている。EUの指導者らは、ロシア政府が『ノードストリーム1』の稼働停止の期間をより長く、場合によっては永久に停止するのではないかという懸念を抱いている」と報じている
ノードストリームは以前、メンテナンスで10日間稼働を停止したことがあり、その際に欧州で強い緊張を引き起こした。このため、欧州各国は天然ガスの貯蔵量を急ピッチで増やしている。欧州は今、9月2日以降に、ロシアからの天然ガス供給がストップすることに懸念を抱いている。
電気 - Sputnik 日本, 1920, 22.08.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
EUとNATO、ウクライナ支援に関するコンセンサスが失われるのを懸念=CNN
ロシアの国営天然ガス企業「ガスプロム」によると、定期メンテナンスのためノードストリームの稼働を8月31日から9月2日まで停止する。
関連ニュース
昆虫を食べるようにと呼びかけた欧州委員会 ツイッターユーザーからは批判
EU加盟国はロシア産ガスをめぐってアジアと争奪戦に=WSJ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала