日本は射程1000キロ以上の巡航ミサイル開発を検討していた

© AFP 2022 / Mandel NGAN日本、自衛隊
日本、自衛隊 - Sputnik 日本, 1920, 31.08.2022
日本は、北朝鮮と中国の脅威なるものを背景に、射程が1000キロメートル以上の国産巡航ミサイルを開発する可能性を検討していた。フィナンシャル・タイムズが、防衛予算の議論に詳しい消息筋を引用して報じた。
中国が米政治家の台湾訪問を受けて一連の演習を行い、中国の弾道ミサイル数発が日本の排他的海洋経済水域(EEZ)内に落下したため、日本ではこのような巡航ミサイル開発に関する議論が高まるとみられている。
フィナンシャル・タイムズは、国産の長射程ミサイルは「伝統的にもっぱら防御的な軍事的立場を取ってきた」日本で、攻撃能力の基礎を形成するのに役立つと報じている
関連ニュース
日本 防衛省の2023年度予算概算要求、過去最大の約5兆6千億円
反撃能力も含め、検討していく=浜田防衛相 日本周辺には相当数の弾道ミサイル
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала