アマゾン先住民の最後のひとりが死亡 文明との接触を頑なに拒否

© 写真 : Vimeo/ Survival Internationalアマゾン先住民の最後のひとりが死亡 文明との接触を頑なに拒否
アマゾン先住民の最後のひとりが死亡 文明との接触を頑なに拒否 - Sputnik 日本, 1920, 31.08.2022
ブラジルのアマゾンの奥地でたった一人で暮らしていた先住民族の最後の1人が死体で発見された。CNNテレビの報道によれば、ブラジルの政府機関「国立先住民保護教団」(「国立インディオ基金」)の職員がその遺体を確認した。
この先住民はいわゆる文明と接触を持たず、伝統的な生活形態を守り、他者との交わりを攻撃的に拒否してきた人種で、ブラジルの農園経営者たちによってほぼ根絶されたが、最後に残された1人が26年もの間、ブラジル西部のアマゾンの奥地でひっそり暮らし続けていた。この男性は自分の住処の周りに狩りのため、また、悪天候の際に隠れるためにたくさんの数の穴を掘っていたことから、地元の農園経営者たちに「穴の人間」と呼ばれていた。遺体が発見されたのは8月23日。発見した「国立インディオ基金」の職員らの話をCNNが引用して報じたところによれば、男性は住いのハンモックの上で静かに横たわっており、遺体には攻撃を受けた跡もなかったという。
先住民 - Sputnik 日本, 1920, 16.07.2022
IT・科学
古代の東南アジア人、北米の先住民の祖先である可能性=研究
部族が殺戮にさらされたのは1970年代から1980年代にかけて。ブラジルのジャングルで伐採や農業を営む者らが先住民を一掃し始めた。1995年、最後の5人組が殺されたものの、この「穴の人間」は死を免れた。CNNは最後のひとりの死亡で部族の大虐殺は完了したと報じた。国立インディオ基金は幾度もこの「穴の人間」と接触しようとしたものの、失敗に終わっていた。
それでも基金はたった一人で奮闘する男性を支えようと、森の中の男性のテリトリーにさまざまな食糧を置いていった。観察を続けていた研究者らは、この間に男性はトウモロコシやパパイヤを栽培し、葦や藁で小屋を建てていることを確認している。CNNの報道によれば、遺体は解剖のために医療関係者に引き渡される。
スプートニクは先に、国立インディオ基金が2018年、奇跡的に生き延びた、この男性動画撮影に成功したと報じていた。映像では、半裸の男が自作の斧で木を切っているシーンが映し出されている。
関連ニュース
米国先住民の祖先は、縄文人ではなく、シベリアの住民=研究
カナダ 寄宿学校跡地で200人超の子どもたちの遺骨が見つかる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала