ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領が死去 91歳

© AFP 2022 / Vitaly Armandミハイル・ゴルバチョフ
ミハイル・ゴルバチョフ - Sputnik 日本, 1920, 31.08.2022
旧ソビエト連邦初代大統領のミハイル・ゴルバチョフ氏が死去した。91歳だった。30日、ロシア・モスクワの医療機関「セントラル・クリニカル・ホスピタル」が発表した。

「本日の晩、重く長く続いた病気の末にミハイル・セルゲイヴィッチ・ゴルバチョフ氏が亡くなりました」

「セントラル・クリニカル・ホスピタル」はこのように発表した。
ゴルバチョフ氏はソビエト連邦の初代かつ最後の大統領で、1985年から1991年のソ連崩壊まで、最高指導者として君臨した。ペレストロイカ(建て直し)やグラスノスチ(情報公開)などの改革を行ったことで知られ、米国とのマルタ会談などで冷戦を終結に導き、西側諸国との緊張緩和にも尽力。90年にはノーベル平和賞を受賞した。

ゴルバチョフ氏の略歴

ゴルバチョフ氏は1931年3月2日、現在のロシア南部のスタヴロポリ地方で農民の家に生まれた。55年にモスクワ国立大学法学部を卒業した。
卒業後はスタヴロポリ地方検察当局で勤務し、すぐにソ連共産党の青年組織「コムソモール」の活動にも従事。61年には全連邦レーニン共産主義青年同盟の地方委員会の第1書紀となるなど、出世街道を邁進した。
62年からは党職務を手がけ、70~78年にはソ連共産党スタヴロポリ地方委員会の第1書紀、71年~91年にソ連共産党中央委員会委員、80~91年にはソ連共産党政治局委員を歴任した。
85年にはソ連共産党中央委員会書記長、88年からはソ連最高会議議長となり最高指導者として超大国の運営を担った。90年には初代ソ連大統領に選出されたが、91年の8月クーデターなどによって求心力を失った。同年12月25日には大統領職を辞職し、ソ連は崩壊した。
西側諸国では新思考外交による改革者として知られ、日本でも「ゴルビー」の愛称で親しまれた。一方、ロシア国内ではゴルバチョフ氏の統治がソ連崩壊をもたらしたとして、国民や歴史家の評価も分かれている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала