ウクライナへの軍事支援金 西側諸国は何に使うことができたのか?

西側経済は現在、インフレの蔓延や金利の上昇、燃料・エネルギー価格の高騰などで厳しい局面を迎えている。しかし、こうした状況下にありながら、ウクライナへの大規模な軍事支援を止めることはなかった。30日にチェコ・プラハで行われた欧州連合(EU)国防相会議では、全加盟国がウクライナへの支援を必要な限り継続するとの認識で一致した。
一方、ロシア政府は各国の軍事支援金に対し、「避けようのない事態を遅らせ、さらなる人的犠牲をもたらすだけ」と主張。より建設的なことに使うことができたはずだと指摘している。
ウクライナの軍事支援に充てられた398億ドル以上の資金を、西側諸国は何に使うことができたのか? スプートニクのインフォグラフィックで一例を紹介する。
関連ニュース
英国のウクライナ危機における目的は…EUの没落?
特別軍事作戦はいつ終わるのか、そしてなぜ東と西の間で合意は達成されないのか?
米国、海路によりウクライナへの軍事支援をさらに強化=WP
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала