ザポリージャ原発 - Sputnik 日本, 1920, 30.08.2022
ザポリージャ原発の安全性を巡る状況
ザポリージャ(ザポロジエ)原子力発電所は、欧州最大の原子炉数と出力を誇る。同原発は、今年3月からロシア軍の保護下にある。ロシア外務省は、核物質及びその他の放射性物質の漏洩を防ぐという観点から、同原発がロシア軍の保護下にあることの正当性を強調した。ウクライナ軍は、ザポリージャ原発のあるエネルゴダル市、周辺の村、原発自体を含む都市に隣接する原発の敷地への定期的な砲撃を続けている。

ウクライナ側からの新たな挑発に備え、ザポリージャ原発の安全対策を強化

© Sputnik / Konstantin Mikhalichevski / メディアバンクへ移行ザポリージャ原発
ザポリージャ原発 - Sputnik 日本, 1920, 01.09.2022
ウクライナ軍は1日の朝、ザポリージャ(ザポロジエ)州エネルホダル市の住宅地に対して発砲を行い、中心部の地区では複数の砲弾が爆発した。また、ザポリージャ原発の敷地内も砲撃を受けた。エネルホダル市への大規模な砲撃の後、同原発から数キロ離れた場所にウクライナ人上陸部隊60人が上陸した。
ザポリージャ州の行政主要評議会のウラジーミル・ロゴフ氏によると、破壊工作グループはすでに特定され、砲撃が行われたという。当局の発表によると、上陸部隊のうち最大で40人が死亡した。
ザポリージャ原発では、砲撃やウクライナ上陸部隊の上陸により、安全対策が強化された。ロゴフ氏によると、ウクライナ側からの新たな挑発に備え、全軍が最高レベルの準備態勢に入った。また、ウクライナ軍上陸部隊の3人が捕虜となり、うち2人が重体であることが判明した他、ウクライナ軍上陸部隊12人がまだ戦闘行為を行っているという。
関連ニュース
クラスター爆弾に対人地雷「レペストク」・・・、ウクライナ軍が使用している禁止兵器
ザポリージャ原発をめぐるウクライナ政権の行動は「核テロ」=露外務省報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала