オランダ ガス採掘により10万件の家屋が被害 今後も拡大の可能性

© AFP 2022 / Mladen Antonovオランダ ガス採掘により10万件の家屋が被害 今後も拡大の可能性
オランダ ガス採掘により10万件の家屋が被害 今後も拡大の可能性 - Sputnik 日本, 1920, 04.09.2022
オランダ・フローニンゲン地域でのガス採掘は住民にとって悪夢となった。スイスのSRFテレビは、ガス採掘工程が原因となり多発した地震の結果、オランダ政府がガス採掘を打ち切る決定をしたことを伝えた。しかしウクライナでの軍事行動を考えると、決定の施行は長期にわたり延期される可能性があるという。
「地球の震え」を誘発したもの
フローニンゲンはポーランドから英国まで広がる巨大な地層の一部であり、オランダはこのガス田の天然ガスの大半を1964年から採掘している。当地の天然ガス埋蔵量は、専門家の予測では2080まであるとされていたが、採掘企業の前にある障壁が立ちふさがった。学術界では「地球の震え」と呼ばれるその現象は1994年に起こった。リヒタースケール2.4の地震をきっかけとして、その後も頻繁に、さらに強度を増して地震が発生するようになった。専門家は「地球の震え」は、過度のガス採掘による地球内部の不可逆な変化の結果であることを突き止めた。研究者らはさらに、オランダには数十のダムがあり、その大半はリヒタースケール4未満の耐震設計で作られており、そのためフローニンゲンが特に激しく「ブレス」をすれば、オランダが丸ごと水に沈む可能性があるという。
SRFテレビによると、オランダの約10万戸の建物がガス採掘によって発生した地震で損傷を受けている。
露国営ガス大手、欧州パイプライン「ノルドストリーム1」を完全停止へ - Sputnik 日本, 1920, 03.09.2022
ガスプロム、欧州パイプライン「ノルドストリーム1」を完全停止へ
地震で壊された住宅の損害を誰が賠償するのか
最近まで損害賠償の責任は、オランダ政府の名でガス採掘を実施していたシェルとエクソンモービルの2社が負っていた。しかしこれら他国製企業は責任を回避するにあありとあらゆる手を尽くし、ガス会社のせいで家を失った住民は法律で定められた補償金支払いを長い間受けることができなかった。その結果、オランダ政府は被害住民の訴えを検討するプロセスを迅速化するため、特別国家機関の設置をせざるを得なかった。賠償請求金額は現在、すでに数十億ユーロに達している。
こうしてフローニンゲンにはまだ多くのガスが残るものの、頻発する地震から、政府は採掘の停止を決定した。しかしエネルギー危機の中で実行に移されるかは疑問だとSRFテレビは指摘する。つまり地震も続き、ますます多くのオランダ市民が自分の家を失っていくことになる。オランダが水中の帝国と化す危険も高まるだろう。
スプートニク通信ではこれより前、世界市場のガス不足を深刻にさせる自然要因について取り上げた。例えばガス市場にとって新たな脅威となるのは米国のハリケーンシーズンなどだ。
関連ニュース
日本、法改正で企業のガス利用制限を可能に
米国のハリケーン、欧州ガス市場の新たな脅威に=専門家
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала