NY外為市場、1ドル=143円 24年ぶり円安水準を更新

© Flickr / Japanexperterna.se日本、ウクライナに1080億円を供与
日本、ウクライナに1080億円を供与 - Sputnik 日本, 1920, 06.09.2022
ニューヨーク外国為替市場では6日、一時円相場が1ドル=143円台となり、1998年8月以来24年ぶりの円安ドル高水準を更新した。各国メディアが伝えている。
共同通信などによると、ニューヨーク外国為替市場ではこの日、一時1ドル=143円台まで急落。ロンドン市場でも前日終値の1ドル=140円60銭から142円14銭(日本時間午後9時34分現在)まで下落した。
同日、東京外国為替市場でも円相場は1ドル=140円90銭まで値下がりしていた。
日銀 - Sputnik 日本, 1920, 06.09.2022
円相場、1ドル140.90円まで値下がり 約24年ぶりの円安水準 ロシア専門家コメント
止まらない円相場の背景には、日米の中央銀行の金融政策の違いにある。米国の中央銀行にあたる連邦準備制度(FRB)が金利を上昇させているのに対し、日本銀行は低金利政策を続けて、日米の間で金利差が広がっている。FRBの金利が上昇すると国債の利回りが上昇し、その結果、投資家にとってドルの魅力が高まり、円を売りドルを買う動きが広まっているとみられる。
関連ニュース
24年ぶりの円安 笑うのは誰か?
円相場が急落 24年ぶりの円安
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала