カブールのロシア大使館付近で爆発 ロシアとアフガニスタン関係に対する挑発行為=専門家

© AFP 2022 / Wakil Kohsarカブールのロシア大使館付近で爆発 ロシアとアフガニスタン関係に対する挑発行為=専門家
カブールのロシア大使館付近で爆発 ロシアとアフガニスタン関係に対する挑発行為=専門家 - Sputnik 日本, 1920, 06.09.2022
アフガニスタンの首都カブールのロシア大使館領事部付近で5日午前、爆発があった。ロシア外務省によると、このテロで大使館職員2人が死亡した。東洋学者でアフガニスタン研究者、アフガニスタン国家安全保障省元顧問、在カブール露大使館元一等書記官、国連アフガニスタン支援ミッション元上級政治顧問のワシーリー・クラフツォフ氏は、今回のテロについて、スプートニク・アフガニスタン語編集部に、これはロシアとアフガニスタンの関係に対する挑発行為だと語った。
アフガニスタン首都カブールのロシア大使館 - Sputnik 日本, 1920, 05.09.2022
アフガニスタン首都カブールのロシア大使館領事部周辺で爆発
「このテロ行為は、ロシアとアフガニスタンの関係に対する挑発行為だ。挑発行為は事前に準備され、きっかけや口実が模索され、それが見つかり、テロが実行された。テロ組織は、テロを実行することで自らそれを発表する。テロは、ロシアとアフガニスタンの政治協力や、貿易経済協力に関する合意の失敗を目的としている。ロシアの敵は、アフガニスタンはロシアがいるべきとろこではなく、ロシアはロシアとアフガニスタンの反対者の計画と行動を狂わせるべきではないと考えている。そのために一連の策が講じられ、何もないところでスキャンダルが引き起こされ、テロはいわば『真のイス​​ラム教徒』の反応となった」
カブールの空港にいる米軍。アーカイブ写真 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
アフガンのテロ活動レベルは米軍撤退後、低下 国連
クラフツォフ氏によると、最近、アフガニスタン商工大臣代理を務めるヌールディン・アジジ氏がモスクワを訪問した際に至った合意が、「アフガニスタンにおけるロシアの敵対者を苛立たせている」という。
「ロシアとアフガニスタンの相互関係については、2021 年 8 月 15 日の革命という昨年の出来事の最初から 、ロシアにはタリバンとの建設的な相互関係があった。これは当時すでに米国人と英国人を苛立たせていた。今年、ロシアとアフガニスタンの協力は具体的な合意を獲得した。ご存知のように、最近、商工相率いる代表団が(モスクワを)訪問し、その際に一定の合意に至り、バーター(物々交換)をベースにしたアフガニスタンへの供給計画が立てられた。合意は興味深いものだ。もちろん、これはアフガニスタンにおけるロシアの敵対者をさらに苛立たせている。もう一度繰り返すが、ロシアの敵は、アフガニスタンはロシアがいるべきとろこではないと考えている。彼らは、アフガニスタンで指揮をとることができるのは、軍事占領キャンペーンで完全な大失敗に見舞われた外国勢力(米国)だけだと考えている」
タリバンはアフガニスタン政府軍に対して大規模な攻勢を行った後、2021年8月15日にカブールに入り、翌日には終戦を宣言した。8月31日夜半、米軍はカブール空港から撤退し、20年近く続けたアフガニスタン駐留に終止符を打った。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала