日本のプロ野球現役最年長の福留孝介選手が引退会見 「24年間本当にありがとうございました」

© AFP 2022 / Getty Images/Jamie Squire福留孝介選手
福留孝介選手 - Sputnik 日本, 1920, 08.09.2022
日本のプロ野球で現役最年長選手の中日ドラゴンズ・福留孝介外野手(45)が8日、今季限りで現役を引退することを発表し、会見に臨んだ。
福留選手は「私福留孝介は今シーズン限りを持ちまして現役を引退することを決めました」と報告し、「24年間本当にありがとうございました」と述べた。
福留選手は引退について「寂しさもありますけど必ず誰しもが通る道だと思いますし、いずれ自分にもこの時が来るのは分かっていることなんで、いよいよ来たなというところ」と語った。
球団に引退を正式に伝えたのはつい最近だとし、引退のきっかけについては「気持ちの面が一番大きい」と述べた。
福留選手は「何をしていても楽しかった。自分が上手くなりたいと思って常にやっていることが僕は常に楽しかった。上手くいったから楽しいとかじゃなくて、上手くなりたいっていうその気持ちを持って野球をやれてるっていうときが一番楽しかった」と語った。
福留選手は鹿児島県出身の45歳。1999年にドラフト1位で中日に入団、2度の首位打者と2006年にはMVP(最優秀選手)に輝き、3度のリーグ優勝に貢献した。2008年に米大リーグに移籍し、米国で5年間プレーしたあと、2013年に阪神で日本球界に復帰、2016年には日米通算2000本安打を達成し、2021年に古巣の中日に戻った。
福留選手は日本のプロ野球最年長選手。プロ野球データFreakのプロ野球選手年齢ランキングによると、2位はオリックス・バファローズの能見篤史選手(43)、3位はヤクルトスワローズの石川雅規選手(42)。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала