脱炭素へ加速 東京都が新築戸建てに太陽光パネル義務化の方針 3年後の施行を目指す

© Fotolia / By-studio 太陽光パネル
太陽光パネル - Sputnik 日本, 1920, 09.09.2022
東京都、2025年4月から戸建てを含む、全ての新築住居を対象に太陽光パネルの設置を義務付ける方針を発表した。時事通信が報じた。
関連条例の改革案が12月の都議会に提出され、承認されれば、2025年4月から全国に先駆けてパネル設置が義務化されることになる。
日本政府は2050年までのカーボンニュートラルの達成を目指しており、8年後の2030年までには温室効果ガスの放出を2013年の水準に比べて46%削減する計画を打ち出していることから、東京都も「2050年ゼロエミッション東京」に向けた「2030年カーボンハーフ」の達成を狙っている。
世界初の砂電池が実用化 エネルギーを数ヶ月間蓄えることができる - Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
IT・科学
世界初の砂電池が実用化 エネルギーを数ヶ月間蓄えることができる
日本政府は電気ガス料金の値上がりを背景に国内全ての原子力発電所の再稼働に取り組むことを明らかにしている。
今回の東京都の取り組みは義務を課される対象者が購入者ではなく、都内で一定規模の住宅を供給するメーカーやデベロッパーなどで、大手の約50社が対象になるものと見られている。都の発表にヤフーニュースのコメント欄には、義務化の成功に懐疑的な意見が書き込まれている。
日本ではすでに戸建てで太陽光パネルが比較的普及しており、長所もある代わりに、およそ10年、15年後に発生するメンテナンスの費用が大きな負担になるなど短所も市民が認識している。このため、東京都がこれを条例化するのであれば、パネルの入れ替え時の費用の助成等、購入者の安心して購入できる制度の明確化を望む声が多く挙げられている。
関連記事
グリーンピース、2035年までに化石燃料を廃止するようG7に要請
ロシアの科学者 宇宙から地球に電力を供給する方法を研究
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала