人口問題は、中国の経済成長を阻む可能性がある=エコノミスト

© Sputnik / Iliya Pitalev / メディアバンクへ移行中国
中国 - Sputnik 日本, 1920, 11.09.2022
中国の人口減少は、2030年代半ばに同国の経済成長の減速につながる可能性がある。英紙エコノミストが報じた。
同紙は「中国のGDP(国内総生産)は2030年代半ばに世界第1位になる可能性がある。一方、その後、中国では人口減少がより顕著になるため、再び遅れを取り始める」と指摘している。
エコノミストによると、中国の2021年のGDPは17兆7000億ドルに達したが、米国のGDPは現在23兆ドル。一方、中国の経済成長は、新型コロナウイルスに対する「ゼロトレランス」政策、不動産市場の困難な状況、米国との技術戦争、国有企業改革の放棄などによって妨げられる可能性があるという。
Башня CITIC Tower в Пекине - Sputnik 日本, 1920, 18.01.2022
中国の2021年GDPは8.1%増 過去10年で最高水準
エコノミストはまた、予測によると、中国のGDPは2031年までに47%増加、年平均成長率は4%になる可能性があると指摘している。また中国では物価が約30%上がり、為替レートは13%上昇する。これらの要因がすべて形成された場合、中国は米国を抜いて世界第1位の経済大国になる可能性があるという。
関連ニュース
中国 過去最低の婚姻件数は「三人っ子政策」に悪影響を及ぼす
プーチン氏と習氏の会談は中国によるロシア支持のシグナルになる=メディア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала