巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督が死去 享年91歳

© AFP 2022 / Ralph Gatti映画監督のジャン=リュック・ゴダール 氏(仏、スイス二重国籍)
映画監督のジャン=リュック・ゴダール 氏(仏、スイス二重国籍) - Sputnik 日本, 1920, 13.09.2022
映画監督のジャン=リュック・ゴダール 氏(仏、スイス二重国籍)が9月13日、死去した。享年91歳。リベラシオン紙がゴダール氏の近親者の談話を引用して報じた。
リベラシオン紙は「仏スイス国籍の映画監督、ジャン=リュック・ゴダール氏が91歳で死去」と報じる一方で、死因については明らかにしていない。
同紙によるとゴダール氏の親戚は、「彼は病気だったのではなく、疲れたのです。それを終わらせるという決断を下したのです。彼が決めたことであり、それを知ってもらうことが彼にとって重要だったのです」と述べている。
ゴダール監督は仏映画のヌーヴェルヴァーグ(新しい波)の源泉のひとり。ゴダール監督の初期の作品は世界の映画の発展に大きな影響を及ぼした。デビュー作の『勝手にしやがれ』(1960年)ではジャン=ポール・ベルモンドとジーン・セバーグが主役を務めた。同作はゴダールとフランソワ・トリュフォーの手掛けた脚本が撮影の前日まで仕上がらず、俳優らのセリフも撮影を進める中で考案されていったことで有名。
デビュー作の『勝手にしやがれ』をはじめとして、有名な作品に気狂いピエロ』、『女は女である』、『女と男のいる舗道』、『軽蔑』、『アルファヴィル』などが挙げられる。
2018年に発表された『イメージの本』がゴダール氏の監督としての最後の作品となった。
関連ニュース
映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のキャリー・フクナガ監督がセクハラで告発
米俳優ボールドウィンさん 撮影中に小道具で誤射 カメラマンが死亡、監督は重傷
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала