日本円、一時1ドル=144.90円 日本政府は「あらゆる措置を排除せず対応」

© AP Photo / Shizuo Kambayashi, File日本銀行
日本銀行 - Sputnik 日本, 1920, 14.09.2022
東京為替市場では円安が加速し、円相場は1ドル=144円台で取引されている。日本政府は、この動きが続く場合は「あらゆる措置を排除せず、為替市場において必要な対策をとる」との姿勢を示した。14日の記者会見で松野官房長官が明かした。
NHKによると14日の東京為替市場では一時期、1ドル=144.90をマーク。先週更新された1998年8月以来の最安値である1ドル=144.3円から144.5円をさらに下回る水準となった。
松野官房長官は次のように述べた。

「為替相場はファンダメンタルズに沿って安定的に推移することが重要であり、急速な変動は望ましくない。最近の為替市場では投機的な動きも背景に急速で一方的な動きも見られ、過度な変動を憂慮している。政府としては為替市場の動向を高い緊張感をもって注視するとともに、このような動きが継続する場合にはあらゆる措置を排除せず、為替市場において必要な対応を取りたい」

一方、日銀は14日、為替介入の準備に向け「レートチェック」を実施したことがわかった。複数の関係者の話をもとに日本経済新聞が伝えた。為替相場の動向を照会することで為替介入に備える動きとみられている。
スプートニク通信ではこれより前、ロシアファイナンスグループ「FINAM」の専門家に話を聞いた。円安が続く原因として、低金利政策を維持しようとする日銀と、タカ派の米国連邦準備制度(FRS)との政策の違いを挙げている。
関連記事
約30%の円安 経済成長の最後のチャンスか、コロナ禍後のカタストロフィーか?
日本政府 低所得世帯に5万円給付 物価対策会議で追加策を決定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала