日本 人間国宝の平良敏子さんが死去 芭蕉布の復興に尽力

平良敏子さん - Sputnik 日本, 1920, 15.09.2022
日本では、沖縄の伝統的な織物「芭蕉布」の復興に力を尽くした人間国宝の平良敏子さん(101)が亡くなったことが分かった。NHKが報じている。
平良さんは1921年に沖縄で生まれ、戦後は民芸運動の指導者である外村吉之助氏から織物について学んだ。その後沖縄に帰り、戦争で途絶えた状態になっていた「芭蕉布」の復興に力を尽くした。
平良さんが持つ技術と高い芸術性が評価され、2000年には国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。
平良さんは13日に自宅で亡くなっているのが見つかったという。琉球新報によると、16日に告別式が営まれる。
関連ニュース
巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督が死去 享年91歳
世界的ファッションデザイナーの三宅一生氏が死去
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала