首相、拉致未解決「痛恨の極み」 日朝平壌宣言20年

© AP Photo / Rodrigo Reyes Marin首相、拉致未解決「痛恨の極み」 日朝平壌宣言20年
首相、拉致未解決「痛恨の極み」 日朝平壌宣言20年  - Sputnik 日本, 1920, 17.09.2022
岸田文雄首相は17日、北朝鮮による日本人拉致問題を巡り、2002年に5人の拉致被害者が帰国して以降、拉致問題が未解決となっている現状について「痛恨の極みだ」と述べた。日朝平壌宣言の署名から20年を迎え、視察先の福島県南相馬市で記者団の質問に答えた。
首相は「宣言に基づいて確認された事項を誠実に実施することは重要だ」と強調。解決に向け、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記と直接向き合う決意を改めて示した上で「あらゆるチャンスを逃すことなく全力で行動していく」と語った。
(c)KYODONEWS
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала