- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

フィギュア・ロンバルディア杯 日本の渡辺倫果が初優勝 坂本花織は2位

© Sputnik / Alexander Wilf / メディアバンクへ移行坂本花織選手(2022年冬季北京五輪)
坂本花織選手(2022年冬季北京五輪) - Sputnik 日本, 1920, 18.09.2022
イタリア・ベルガモで17日、フィギュアスケートのチャレンジャーシリーズ・ロンバルディア杯女子フリーの試合が行われ、2022年世界選手権優勝の坂本花織選手(22)は2位に終わった。優勝は昨季全日本選手権6位の渡辺倫果選手(20)。
同大会ショートプログラム(SP)で首位に立った坂本選手は、フリーでは3回転フリップで転倒するなどして132.40点にとどまり、合計205.33点で2位となった
SP2位の渡辺選手はトリプルアクセル(3A)を決め、ステップ、スピンでもすべて最高難度のレベル4を獲得し、フリーではトップの146.31点。合計213.14点の自己ベストを記録し初優勝を飾った
3位には、ポーランドのエカテリーナ・クラコワ選手(188.41点)が入った。北京五輪団体銅メダルに貢献した樋口新葉選手(21)は、合計150.20点で9位。
関連ニュース
「羽生結弦の存在が試すことを促した」米イリア・マリニンが大会で4回転半ジャンプに成功 世界初
フィギュアスケートGPS 宇野昌磨と坂本花織は11月のNHK杯に出場
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала