イランで抗議の波 「間違った」ヒジャブが原因で女性が死亡

© AP Photoイランで抗議の波 「間違った」ヒジャブが原因で女性が死亡
イランで抗議の波 「間違った」ヒジャブが原因で女性が死亡 - Sputnik 日本, 1920, 19.09.2022
イランでは、22歳のマサ・アミニさんがヒジャブの着け方が「間違った」ために警察に殴打されて死亡したのを背景に、抗議活動が勃発した。アルジャジーラが報じた。
北西部のクルディスタン州で追悼式が行われた後、人々は通りに出て、詳細な調査を求めるスローガンを叫び始めた。その後、抗議者たちは知事室の前に集まり、警察は催涙ガスを発射して群衆を解散させた。
抗議者は、アミニさんの死因が心臓の問題とみなされたということに憤慨している。人権活動家によると、入院時、アミニさんは耳から出血しており、殴られたことを示す頭蓋骨の骨折があった。
アミニさんは親戚を訪ねるためにテヘランに来た。市内では、彼女はシャリアの規範の遵守を監視する警察官の特別部隊によって拘束された。頭にスカーフを巻いて通りに出た少女は、ヒジャブを間違って着用したとして、最寄りの警察署に連行された。男性の親族がアミニさんの釈放を待っている間に、救急車が警察署に駆けつけ、アミニさんを病院に運んだ。親族によると、警察官は、少女が心臓発作と脳卒中を患った後、昏睡状態に陥ったと説明した。彼は「拘留から病院までの時間はわずか数時間だった」と語った。アミニさんは数日後に生命維持装置を外され、死亡した。
関連ニュース
イラン、43年ぶりにサッカー国内リーグの試合を女性がスタジアム観戦
イランで85人の未成年に死刑宣告=国連報告書
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала