ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアへの編入を望むか? 解放されたザポリージャ州、ヘルソン州、ドネツク、ルガンスク両人民共和国の住民感情

© Sputnik / Vladimir Vyatkin / メディアバンクへ移行ロシアへの編入を望むか? 解放されたザポリージャ州、ヘルソン州、ドネツク、ルガンスク両人民共和国の住民感情
ロシアへの編入を望むか? 解放されたザポリージャ州、ヘルソン州、ドネツク、ルガンスク両人民共和国の住民感情 - Sputnik 日本, 1920, 20.09.2022
ウクライナのザポリージャ(ザポロジエ)、ヘルソン両州の軍・民間行政当局の指導者は、地域住民が、ロシア連邦への編入の是非を問う住民投票の即時実施を望んでいると断言した。ドネツク、ルガンスク両人民共和国の首長らは前日9月19日、住民投票の準備に着手するため、手順の策定に尽力を一つに束ねることを決めている。
2022年9月19日、社会マーケティング研究所が宇ザポリージャ(ザポロジエ)とヘルソンの両州およびドネツク、ルガンスク両人民共和国の住民を対象に、ロシア連邦への編入を問う住民投票の即時実施を望むかどうかについて、電話による世論調査を行った結果、「住民投票の実施を望む」と回答した人の割合はザポリージャ、ヘルソンの両州で各80%、ドネツクで91%、ルガンスクで90%となった。
上記の回答者の中でウクライナの構成体として残りたいと回答した住民の割合は、ザポリージャ州が2%、ヘルソン州で4%、ドネツクとルガンスクの両共和国とも0%だった。
また「独立国」となることを望むと回答した人はザポリージャ州とドネツク人民共和国がそれぞれ4%、ルガンスク人民共和国とヘルソン州で5%だった。
ロシア国旗 - Sputnik 日本, 1920, 20.09.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは、ドンバスの住民の意思表明を支持する=露下院
「回答できない、または回答したくない」と答えた人はザポリージャ州で14%、ヘルソン州で11%、ドネツク、ルガンスク両人民共和国でそれぞれ5%という結果が出ている。
回答者数は各州、共和国ごとに計1000人で標本誤差は3.1%。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала