欧州サッカー連盟、ウクライナ代表監督の「政治的発言」で罰金命令

© AFP 2022 / Fabrice Coffriniスイス・ニヨンのUEFA本部
スイス・ニヨンのUEFA本部 - Sputnik 日本, 1920, 21.09.2022
ウクライナサッカー連盟(UAF)は、ウクライナ代表チームのアレクサンドル・ペトラコフ監督の政治的発言に対する罰金を支払った。同連盟のアンドレイ・パベルコ会長がSNS上で明らかにした。
これまでにロシアサッカー連合(RFS)は、ペトラコフ監督がロシア人選手の国際大会への参加禁止を求めたほか、ウクライナ軍に入って戦うとする意志を示したなどとして、国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)に対し、処罰を求めていた。
アンドレイ・パベルコ会長によると、ロシア側が求めていたペトラコフ監督の資格停止処分は受けなかったものの、警告と「大きくない」罰金の支払いをUEFA側から命じられたという。
ロシア・オリンピック委員会のアスリート委員会の委員長を務めるフェンシングのソフィア・ヴェリーカヤ選手 - Sputnik 日本, 1920, 16.09.2022
ロシア人選手の国際大会復帰に多くの外国人選手らが賛同
一方で、UEFAは欧州各国の代表チームによって争われる大会「UEFAユーロ2024」の抽選会へロシアを参加させない方針を決めた。FIFAとUEFAはウクライナ情勢を背景にロシアの国際大会への参加を「追って通知するまで」禁止するとしており、事実上の無期限参加停止となっている。
RFS側は国際大会への参加を禁じられたのは不当だとして、FIFAとUEFAを相手取り、出場禁止の解除を訴える訴訟をスポーツ仲裁裁判所(スイス・ローザンヌ)で起こしたが、7月に棄却されていた。
関連ニュース
IOCはロシア選手を国際競技に復帰させる考え=米五輪委員会
ロシアが国際大会に参加できない選手のための補償制度を設立へ=ペスコフ報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала