米法務省、凍結ロシア資産のウクライナへの譲渡 法制化を議会に要請

© AP Photo / Susan Walsh米議会
米議会 - Sputnik 日本, 1920, 21.09.2022
米法務省は制裁として凍結したロシア資産のウクライナへの譲渡を法制化するよう議会に求めている。米政府の対露制裁に関する大臣のワーキンググループで代表を務めるアンドリュー・アダムス氏が明らかにした。
アダムス氏によると、米国で凍結されているロシアの資金や資産を軍事行動によってウクライナが受けた損失を補償するために使用するには、没収資産に関する法令の改正が必要となるという。
アダムス氏は「こうした提案によってウクライナへの資産の譲渡に関する法務、財務、国務各省による協働が進むことになる」として、米議会の銀行に関する委員会の公聴会に出席し、法制化を訴える考えだ。
対露制裁が世界のダイヤ市場を分断 - Sputnik 日本, 1920, 18.09.2022
対露制裁が世界のダイヤ市場を分断
米国や日本を含む西側諸国はロシアのウクライナにおける特殊軍事作戦の開始以降、厳しい経済制裁を実施。そのなかにはロシアの在外資産の凍結も含まれており、その額は計約3000億ドル(約43兆円)にものぼるという。
凍結されたロシア資産をめぐっては5月、ウクライナのマルチェンコ財務相が、日本に凍結された露資産があることに触れ、それらをウクライナの復興に利用できるよう「日本側にシグナルを送る」と述べ、凍結したロシア資産の譲渡を暗に求めていた。一方、日本の鈴木俊一財務相は3月末、日本の法令に基づき資産の没収はできないとの考えを明らかにしている。
関連ニュース
プーチン大統領、露政府高官の子供に対する制裁発動に反発
露中関係は対等、傲慢な西側の立場とは異なっている=専門家
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала