岸田首相、金総書記と前提条件抜きで会談する用意を国連総会で表明

© Depositphotos / Seewhatmitchsee岸田首相、金総書記と前提条件抜きで会談する用意を国連総会で表明
岸田首相、金総書記と前提条件抜きで会談する用意を国連総会で表明 - Sputnik 日本, 1920, 21.09.2022
日本の岸田文雄首相はニューヨークで開かれている国連総会の一般討論演説の中で、北朝鮮の金正恩総書記と前提条件抜きで会談する用意を表明した。
岸田首相は一般討論演説の中で、北朝鮮情勢について言及した。岸田氏は小泉純一郎元首相と金正日総書記の日朝首脳会談から20年が経ったことを踏まえ、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決する日本側の方針に変わりはないと強調した。日本は双方が関心を持つ問題を議論する用意があると強調し、首相個人としては金正恩総書記と前提条件抜きで会談する用意があると指摘した。その上で、一切のチャンスを逃すことなく、あらゆる努力を費やす用意があると表明した。
松木信宏、本間勝、飯塚耕一郎、横田拓也、横田哲也、西岡力 - Sputnik 日本, 1920, 18.09.2022
日朝首脳会談から20年、拉致問題は未解決「本当に悔しいし、悲しい」 被害者の家族が自分の思いを語る
岸田首相は日本を襲った大型台風の影響でニューヨークに1日遅れで到着した。滞在先では複数の首脳会談を予定している。首相のニューヨーク滞在は9月22日まで。
ニューヨークで開かれている第77回国連総会は20日から26日の日程で開催されている。
関連ニュース
日韓外相、元徴用工問題の早期解決や北朝鮮への対応を協議
元北朝鮮工作員、北朝鮮に拉致された田口さんや横田さんの生存を確信=共同通信
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала