ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国、生物兵器使用の秘密のシナリオ練り上げ

© AFP 2022 / Paul J. Richards米国防総省(アーカイブ写真)
米国防総省(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 22.09.2022
ウクライナにおける米国の生物学研究所の活動調査に関する議会委員会の共同議長を務めるイリーナ・ヤロバヤ氏は22日、米国は大量破壊戦術生物兵器を使用する秘密のシナリオを練り上げていると発表した。
ヤロバヤ氏によると、委員会は、ウクライナの軍人に対して実験が行われたことや、「ウクライナにおけるまさに生物兵器の構成要素に関する作業システム全体」を確認する事実を発見した。ロシア下院広報室が発表した。ヤロバヤ氏は「これは、誰が、どのようにしてこの間ずっとウクライナの軍人に向精神性薬を服用させていたのか、彼らを民間人に対しておぞましく血なまぐさい犯罪を犯す殺人マニアに変えたのかについての答えを与える」と述べた。
ウクライナにある米国の生物研究所で秘密の人体実験が行われていた=報告書 - Sputnik 日本, 1920, 20.07.2022
ウクライナにある米国の生物研究所で秘密の人体実験が行われていた=報告書
ヤロバヤ氏はまた、ウクライナ国防省の組織に衛生・疫学部が設けられたと述べ、これは米国の声明で確認されたと指摘した。米国はウクライナの要請を受けて感染症の発生を検出、診断、またそれに対応する部門の能力を支援するためのトレーニングや機器を提供したという。ヤロバヤ氏によると、ウクライナの軍人の血液中から西ナイル熱(ウエストナイル熱)やネフローゼ症候群の病原体との接触を物語るマーカーが検出された。
ロシア連邦議会は先に、ウクライナにおける米国の生物学研究所の活動調査に関する議会委員会の設立に関する決議を採択した。上下両院それぞれ14人の議員が委員会のメンバーとなった。委員会の作業結果は、必要なすべての証拠を含む報告書としてまとめられ、ロシア大統領、政府、国際機関へ送られる見込み。報告書は、2023年3月に公表される予定。
関連記事
ウクライナ生物学実験所で米国のインストラクターが天然痘の緊急対応を指導 露軍が証拠
米国は外国の生物学研究所の活動に対するアプローチを変えている=ロシア国防省
ウクライナ科学技術センターは米国の軍事生物学活動の場 440億円超が注入 露国防省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала