ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア編入が一番の希望 世論調査による統一住民投票の予測は?

© Sputnik / Grigory Sysoev / メディアバンクへ移行投票用紙が入った投票箱
投票用紙が入った投票箱 - Sputnik 日本, 1920, 23.09.2022
ドネツクおよびルガンスク両人民共和国の住民の大多数はロシアへの編入を支持していることが、全ロシア世論調査センターが住民投票の前夜に実施した世論調査の結果、明らかになった。
地域の運命を決める投票は23日午前から開始され、9月27日までの5日間にわたって実施される。
世論調査では、ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の住民の97%が賛成票を投じ、反対票を投じると答えた人はゼロという結果になった。また、回答困難と答えた人は各共和国とも3%となった。ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国ともに87%の住民が投票を行うと答えている。
現時点での集計データによると、ザポリージヤ(ザポロジエ)州とケルソン州ではそれぞれ87%と89%の回答者がウクライナからの分離を支持すると答えており、分離に反対を唱えたのは2%にとどまった。10人に1人が「回答に困る」または「まだ決めていない」と答えている(それぞれ11%と9%)。 投票率は予測ではザポリージャ州で80%、ケルソン州は69%。
世論調査は9月22日、電話によって実施され、ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ケルソン州、ザポリージャ州の18歳以上の住民4000人が参加した。
関連ニュース
日本はドンバスなどの住民投票を非難 国際法に反する行為=松野官房長官
西側にロシアの安全を脅かす戦いの前進拠点としてウクライナを利用させない ラブロフ露外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала