Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

日本の都市部、集団免疫9割到達か オミクロン株の感染爆発で=ロイター

© AFP 2022 / Charly Triballeauマスクを着用した人々
マスクを着用した人々 - Sputnik 日本, 1920, 27.09.2022
昨今の日本でのオミクロン株の大流行によって、首都圏や京阪神などの大都市部で集団免疫が90パーセント程度に達した。だが、その効果は数カ月しか続かないという。ロイター通信が、東京財団政策研究所などの分析をもとに伝えている。
ロイター通信によると、8月にピークを迎えた感染第7波による自然感染やワクチン接種により、東京や大阪といった大都市部のほか、沖縄などで集団免疫が高まっている。
日本政府によると、日本ではすでに人口の65パーセントが新型コロナのブースター接種を受けており、米国(33パーセント)と比べても2倍近くの差がある。日本では先週、オミクロン株に対応したワクチンのブースター接種も始まっている。
コウモリ - Sputnik 日本, 1920, 23.09.2022
新型コロナウイルス
ロシア生息コウモリからヒト感染しうるコロナウイルスが検出
一方で、ブースター接種の際は前回の接種から5カ月の間隔をあけることになっているが、年末に第8波が発生した場合、高齢者などの感染弱者を守るためには不十分で、長すぎると指摘されている。
関連ニュース
米国 新型コロナに関連するウイルス研究の詳細開示を妨害 =ランセット誌
パンデミックが起きる可能性は? バイオセキュリティ専門家が新たなコロナウイルスについて語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала