イーロン・マスク氏「露国営メディアにもいい点ある」

© Sputnik / Alexey Filippov / メディアバンクへ移行スプートニクのロゴ
スプートニクのロゴ - Sputnik 日本, 1920, 01.10.2022
米実業家でテスラCEOのイーロン・マスク氏がスプートニクやロシア・トゥデイといったロシア国営メディアについて、「いくつかの肯定的な点」があるとみなしている。米政治専門紙「The Hill」が伝えている。
この発言はマスク氏がツイッター社の買収契約を破棄しようとしている問題で、同社とマスク氏の間で起こった法廷争いのなかで明らかになった。
ロシア軍によるウクライナにおける特殊軍事作戦が始まって10日あまり経った3月5日、マスク氏はテスラ社の元重役のアントニオ・グラシアス氏に対し欧州連合(EU)によるロシアメディアの禁止について次のようなコメントを送ったという。

「EUはロシア・トゥデイなどのロシアメディアを禁止する法律を制定した。我々は彼らのIPアドレスをブロックするように言われた。実際には、彼らのニュースのなかには興味深いものもあるというのに」

テスラ社およびスペースX社のイーロン・マスクCEO - Sputnik 日本, 1920, 06.09.2022
韓国政府のYouTubeチャンネルがサイバー攻撃 イーロン・マスク氏の動画に入れ替わる
マスク氏はロシアのメディアには「ナンセンスなことも多いが、いい点もある」とみなしているという。
マスク氏は、「一部の国」から要請があるものの、自社スペースX衛星通信「スターリンク」がロシアの報道機関をブロックすることは拒否するとの考え示していた。
関連記事
イーロン・マスク氏 石油とガス無しでは世界は滅びる
イーロン・マスク氏 約9300億円相当のテスラ株を売却
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала