武村正義元蔵相が死去 連立政権のキーマン

© AP Photo / Atsushi Tsukada武村正義元蔵相
武村正義元蔵相 - Sputnik 日本, 1920, 02.10.2022
新党さきがけ代表や蔵相を務め、非自民8党派による細川連立政権のキーマンだった武村正義(たけむら・まさよし)さんが9月28日死去した。88歳。滋賀県出身。葬儀は親族のみで行った。関係者が1日、明らかにした。
東大卒業後、自治省に入省。滋賀県知事を経て1986年に自民党から衆院初当選した。政治改革実現を掲げて93年に離党し、さきがけを結党。細川内閣で官房長官に就任し、衆院小選挙区比例代表並立制導入へ役割を果たした。
「国民福祉税」構想などを巡って当時の細川護熙首相や小沢一郎新生党代表幹事との亀裂が深まり、94年4月に発足した羽田内閣で閣外協力に転じた。
(c)KYODONEWS
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала