ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

欧米諸国はウクライナへの重装備供与を準備する気配なし

© Ukrainian Presidential Press Office米国の旗とウクライナの旗
米国の旗とウクライナの旗 - Sputnik 日本, 1920, 02.10.2022
欧米諸国は「反撃」を背景にウクライナへの武器供与を大幅に増やすことはないであろうし、重装備を送る用意はしていない。関係者の話をもとにブルームバーグが伝えている。
ブルームバーグによると、ウクライナではこのような欧米同盟国の方針転換について、欧米はウクライナへの支援を約束したものの、モスクワとの直接対決や紛争拡大を望んでいないためだと説明している。

武器供与が大幅に拡大することはないであろうし、あるいは武器の種類に関して新たなタブーが破られることはないだろう。米国は慎重になっているし、欧州の主要な武器の備蓄は尽きつつあるからだ」

ブルームバーグによると、確かに欧米がウクライナへの重装備の供与を準備している兆候は何もない。特に独戦車レオパルトなどがそれに当たる。これら戦車はスペイン、オランダ、トルコなど多くのNATO加盟諸国に使用されているが、他国に売却する場合はドイツの許可が必要となる。ドイツはこれまでのところ許可を与えてはおらず、そもそもウクライナへの同戦車輸出に対する申請などは入ってきていないという。
ウクライナへの武器供与については、イタリアも急いでいない。資機材不足と国内選挙を理由にしている。
NATO - Sputnik 日本, 1920, 23.09.2022
西側諸国はウクライナをNATOに受け入れるべきではない=レーガン元米大統領のバンドウの元顧問
ブルームバーグは、米国防総省が約束したドローン「MQ-1Cグレイイーグル」、空対地ミサイル「AGM-114ヘルファイア」が近いうちにウクライナの手に届くことはないだろうと指摘している。バイデン政権はNATOがウクライナ紛争に直接関与するのを避けたいからだ。
同じようにウクライナは、米ハイテク戦車「M1エイブラムス」最新モデルを手にすることはないだろう。運用やメンテナンスには長期準備や訓練を必要とするからだとブルームバーグは説明する。
スプートニク通信ではこれより前、米国議会でウクライナ軍事支援をめぐり激しい議論が繰り広げられたことを取り上げた。
関連ニュース
西側にロシアの安全を脅かす戦いの前進拠点としてウクライナを利用させない ラブ ロフ露外相
トラス英首相 プーチン大統領の脅迫を無視しウクライナを支援するよう求める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала