ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポリージャ(ザポロジエ)州、ヘルソン州のロシア連邦への編入 - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2022
ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポロジエ州、ヘルソン州のロシア連邦への編入
ロシア憲法裁判所は、ロシア大統領が提出したドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポリージャ(ザポロジエ)州、ヘルソン州のロシア連邦への編入に関する文書を承認した。文書は下院で3日に、上院で4日に審議される予定。9月30日、モスクワのクレムリンで調印式が行われ、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と4地域のトップがこれらの地域のロシアへの編入に関する条約に署名した。これに先立ち、各地域で住民投票が行われ、4地域の住民の大多数がロシアへの編入を支持した。

ロシア下院 ドネツク、ルガンスク両人民共和国、ザポリージャ、ヘルソン両州のロシア編入協定に批准

© Sputnik / Grigory Sysoev / メディアバンクへ移行ロシア下院の下院議員
ロシア下院の下院議員 - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2022
3日、ロシア下院は、ドネツク、ルガンスク両人民共和国、ザポリージャ(ザポロジエ)、ヘルソン両州のロシア編入に関する協定に批准した。批准は、下院のCIS・ユーラシア統合・同胞連絡委員会が上記4地域のロシア編入協定に批准するよう下院に進言したことを受けて、行われた。
9月30日、ロシアのプーチン大統領はクレムリンで、ドネツク、ルガンスク両人民共和国、ザポリージャ、ヘルソン両州の住民投票の結果について演説し、その後、各地域の首長らとロシア編入に関する協定文書に調印した。その後、ロシア憲法裁判所は、これらの協定がロシア憲法に合致しているとの判決を下している。
ロシア上院(連邦会議)憲法委員会のアレクサンドル・バシキン委員は新構成体のロシアへの編入について、ロシア上下院が国際条約に対応する憲法と、協定が憲法に合致するかについてのロシア憲法裁判所の判決に照らして投票を行い、正式に決定されると説明している。
プーチン - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2022
ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポロジエ州、ヘルソン州のロシア連邦への編入
ドネツク、ルガンスク、ヘルソン、ザポリージャ ロシアに編入 プーチン演説 【全文】
このためには、構成体のロシアへの編入に関する国際条約の批准法が下院で可決されることが不可欠となる。
関連ニュース
祖国に還るルガンスク、ドネツク、ザポリージャ、ヘルソン ベトナムの専門家の解説
ロシア憲法裁判所、新たな構成主体のロシア編入を承認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала