米軍がシリア北部を空爆、IS幹部らを殲滅

© AP Photo米軍がシリア北部を空爆、IS幹部らを殲滅
米軍がシリア北部を空爆、IS幹部らを殲滅 - Sputnik 日本, 1920, 07.10.2022
米軍がシリア北部に空爆を行い、「イスラム国」(IS、ISIS、ダーイシュ、ロシアで活動禁止)の幹部ら、3人を殲滅した。米中央軍が発表した。
発表によると、米軍は現地時間の6日21時32分(日本時間7日3時32分)、シリア北部に空爆を行い、シリアで活動する「イスラム国」の指導者、アブ・ハシュマ・アリ・ウマウィ氏を殲滅した。同氏は世界全体におけるIS指導者のトップ5に入るという。この作戦では、シリアにおける「イスラム国」の副指導者も殲滅された。この作戦による民間人の負傷者についての情報はない。
米中央軍によると、米軍はシリア国内で同じく6日に実施した別の作戦により、他のIS幹部、ラッカナ・ワヒダ・アリ・シャーマリ氏を殲滅した。この幹部はテロ活動支援のため、戦闘員や兵器を供与していた模様。
関連ニュース
シリアで難民船が転覆、34人死亡
シリアで武力紛争がエスカレーションする脅威が高まっている 国連が警告
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала