英首相、ユーロビジョン2023の受け入れタウンとなったリバプールを祝福

© The Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation / メディアバンクへ移行英首相、ユーロビジョン2023の受け入れタウンとなったリバプールを祝福
英首相、ユーロビジョン2023の受け入れタウンとなったリバプールを祝福 - Sputnik 日本, 1920, 08.10.2022
英国のリズ・トラス首相は歌合戦「ユーロビジョン2023」の開催地に選ばれたリバプールを祝福した。リバプールはビートルズ誕生の地として知られている。このイベントは本来、昨年の優勝国ウクライナで開催されるはずだったが、安全上の理由で開催地がリバプールに変更となった。
トラス首相はツイッターに投稿した中で、「ユーロビジョン2023を受け入れるホスト・タウンに選ばれたリバプールに盛大な拍手を」と記した。
先に欧州放送連合(EBU)は安全上の観点からユーロビジョン2023の開催地をウクライナ領から別の国へと変更させる決定を下していた。
67回目となるこのイベントは2023年5月9日から13日にかけて開催される。ウクライナ代表はこの大会で決勝に進むことが決まっている。
イベントは英BBC、EBU、ウクライナ国立公共テレビ放送が共同で開催する。
関連ニュース
ウクライナを代表する映画監督がロシア文化のボイコットを批判、「国籍ではなく言動で判断せよ」
政治イベント? ユーロビジョン2022でのウクライナ代表優勝をめぐり ロシア下院議員の見解
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала