円相場 1ドル=148円台後半まで値下がり、約32年ぶりの円安水準

円 - Sputnik 日本, 1920, 15.10.2022
14日のニューヨーク外国為替市場で円相場は1ドル=148円台後半まで値下がりし、1990年以来、約32年ぶりの円安水準を更新した。日本の各メディアが報じた。
米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅利上げを続けるとの見方が強まり、日米の金利差がさらに拡大するという見方から円安が加速した。
共同通信の指摘によると、バブル景気終盤の円安局面だった1990年8月以来、約32年ぶりの円安ドル高水準。
国際通貨基金 (IMF) - Sputnik 日本, 1920, 12.10.2022
IMF、世界の成長率を下方修正 インフレは年末にピークに
財務省の神田財務官は14日、米ワシントンで記者団の取材に応じ、「為替の過度な変動が、繰り返される時には、断固たる行動を取る用意がいつでもできている」と牽制した
一方、日銀の黒田総裁は14日、大規模な金融緩和を継続する姿勢を示したうえで、今、金利を引き上げる考えはないことを改めて強調した。
関連ニュース
G7財務相会合、来年5月に新潟で開催
日本 製造業で供給不足緩和 デジカメ、エアコンなどの需給バランスが回復=日本経済新聞
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала