パリで生活費高騰反対のデモ 主催者は14万人参加と発表

© Sputnik / Mark Peris / メディアバンクへ移行パリ、生活費高騰反対のデモ(16日)
パリ、生活費高騰反対のデモ(16日) - Sputnik 日本, 1920, 17.10.2022
16日、仏パリで生活費高騰に反対するデモ行進が行われ、主催者の発表では14万人が参加した。仏テレビ局BFMTVが報じた。
生活費高騰への反対デモは、ジャン=リュック・メランション率いる極左政党「不服従のフランス」、「欧州エコロジー・緑の党」、社会党のほか、複数の労働組合や協会の呼びかけにより、パリで行われた。デモ隊は、賃金や社会保障の引き上げ、電力料金の凍結、超過利潤税の導入、環境プロジェクトに対する投資などを求めた。また、燃料や食料品の値上げ、定年退職年齢の引き上げにも抗議した。
主催者の推定によると、デモの参加者は14万人。一方、警察はデモ参加者の数について3万人としている。
テレビ局BFMTVの報道によると、デモ隊が機動隊と衝突し、警察官約2000人と国家憲兵も加わったという。
デモは平和的に行われたものの、一部では過激派が参加し警察と衝突。数名のデモ参加者が負傷した。
関連ニュース
仏大統領がウクライナに交渉再開を呼びかけ、「早晩ロシアとは交渉せざるを得ない」
冬の一番寒さの厳しい時期に欧州全体は凍る ガスプロムCEO
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала