ロシア大統領府、編入地域の「核の傘」についてコメント

© Sputnik / Vladimir Sergeev / メディアバンクへ移行クレムリン
クレムリン - Sputnik 日本, 1920, 18.10.2022
ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は18日、新たにロシアに編入された4地域が「核の傘」の保護範囲に入るかとの質問に、「それら地域の安全保障体制は他の地域と同じものになる」とコメントした。
ペスコフ報道官は、今月初旬までに新たにロシアに編入されたドネツク・ルガンスク両人民共和国、へルソン・ザポロジエ両州の4地域について、ロシアの核兵器による保護範囲、いわゆる「核の傘」に入るかとの記者からの質問に次のように答えている。

「それら地域は最近編入されたわけだが、現在新領土の法、安全保障、経済、社会などあらゆるシステムの(ロシアへの)統合が進んでいる。これら地域はすべて分離できないロシアの一部であり、ロシアの他の地域と同レベルで安全保障、防衛が担保される」

ロシアのドミートリィ・ペスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 18.10.2022
ノルドストリームのテロ調査はロシア抜きで行われ、望む結果に合わせて調整されている=ペスコフ露大統領報道官
一方、米国メディアはこのごろ、ロシアが毎年行っている核戦力の運用に関する演習について米国側に通告しなかったと報じている。これについてペスコフ報道官は、「そうした演習の通告、通知については制度化されたシステムがあり、国防省ルートで実行されている」とした。
関連ニュース
露米、核弾頭運搬兵器の配備データ交換 露540、米659
プーチン・バイデン両首脳はキューバ危機再来を許さず=露専門家
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала